バリカンを買うなら何を基準に決めるべき?価格以外の重要ポイント

Wincept 電動バリカン ヒゲトリマー IPX7の防水仕様 17段階刈り高さ調節可能 【一年期間保証】

バリカンを購入する場合にまず価格をチェックする人は多く、実際に安いものを購入することが正解な場合もあります。

ただし、安さを意識する余りに自分の使い方に合わないバリカンを購入してもストレスの元になる可能性もあります。

充電方式で不満が生じる場合も珍しくなく、取り回しやメンテナンス製などの意識の違いでミスマッチが生まれる可能性もあるのです。

価格以外の要素も考えてバリカンを選ぶ必要があります。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカンを購入するなら使用法を考えることが重要になる

バリカンを購入するなら使用法を考えることが重要になります。

バリカンにはメーカーの違いだけでなく充電方式や品質による価格差があります。

充電方式が変われば維持費用や取り回しにも影響が出る点に注意が必要です。

電池式のバリカンは費用が安いかわりに出力が弱く、維持費も高くなる傾向があります。

充電式の電池を使えばコストを節約できますが電池の分だけ重くなってしまいます。

電池を充電しなければならないことを考えるとかなり手間がかかるのです。

バッテリー式のバリカンは取り回しが自由で利便性が高いかわり充電が必要、コンセントに繋ぐバリカンは取り回しが悪くなりがちなど大きな影響が出ます。

バッテリー充電もコンセントに繋ぎながら使うことも可能なハイブリッドタイプもありますが、どうしても価格が高くなりがちです。

使用頻度を考えつつ利便性と価格のバランスをとることが大切になるのです。

バッテリー式が人気になっているのにも理由がある

家庭で使うバリカンはバッテリー式が人気で、家電量販店で購入しようとしても大半がバッテリー式ということが珍しくなくなっています。

バッテリー式の長所は充電さえしておけばコードを気にすることがない点です。

襟足やもみ上げなど、部分的に剃る場合はコード式でもそれほど不便がないことがあります。

一方で、丸刈りなど広い範囲を刈る場合はどうしてもコードが邪魔になります。

バリカンはそれほど使用頻度が高くないため、バッテリーで充電しておけば十分と考える人が多いのです。

無理にハイブリットタイプを購入しても生かしきれないことも多いのです。




バリカンには寿命があることもポイントになる

バリカンはある程度消耗品として考える必要があります。

バッテリー式のバリカンはバッテリーから先に寿命が来ることが多く、それ以外のバリカンでも内部の部品が壊れる場合があります。

家庭用のバリカンは数年程度で買い換えることを前提に作られていることが多いのです。

部品を交換したり修理したりするよりも買い替えの方が安いことが多いのは他の家電と一緒になります。

安いバリカンであれば数年持たずに壊れることもありますが、価格分使えればいいと考える発想も重要になるのです。

替え刃が必要になるほど保たないバリカンも多い

バリカンを使っていると替え刃が必要なのではと考える人もいて、実際にメーカー側で替え刃を販売しているケースもあります。

しかし、多くのバリカンは替え刃を必要とする前にバッテリーや他の部品が壊れます。

明らかに剃り心地が悪くなったらまず刃の掃除などをした方がよく、メンテナンスすれば問題なく使えることが多いのです。

高級なバリカンや業務用に使えるバリカンを購入した場合は別ですが、刃を換えたくなった場合は買い替えも視野に入れた方が良いのです。

業務用のバリカンの場合は刃を研いで使える場合や、刃の部分のみを交換できるケースが増えます。

本体の耐久性も高くなることが一般的になりますが、それだけ価格も高くなることが多いのです。

剃り心地や静音性にこだわるのであれば高級品が視野に入る

バリカンの価格を大きく分けるのはバッテリーなどの電気系統です。

しかし、高級品になってくると剃り心地や静音性などにこだわったものが多くなります。

振動が強過ぎたり、音が大きすぎたりすれば家族などに対する影響が大きくなります。

アパートなどでは隣の部屋に生活音が響いてしまう場合もあり、夜中に大きな音を立てることでトラブルに発展することもありえるのです。

生活時間帯が周囲とずれている場合は特に注意が必要で、多少グレードを上げて音が小さいバリカンを購入することも視野に入ります。

ただし、休日に髪を剃ることを前提にするなど、利用するコントロールすることも可能です。

肌が弱い場合は剃り心地重視するなど、優先順を考えて選ぶことも大切になります。

アタッチメントを利用することも視野に入れる

剃り心地にこだわるのであれば、アタッチメントなどのオプションにも気を配るのがおすすめです。

剃る場所にあわせてアタッチメントを付け替えればそれだけ肌への負担を減らすことができます。

また、アタッチメントの付け替えによって刃への負担が軽減され、バリカンをより長く使えるようになることもあります。

高級なバリカンほどアタッチメントも豊富になる傾向があるため、長く使うことを視野に入れるのであればアタッチメントにこだわるのも方法なのです。

ただし、使わないアタッチメントまで購入してしまうとムダな出費が増える可能性も高くなります。

使用する頻度などにあわせ、必要な分だけ購入するのが基本です。

替え刃のみをECサイトで購入できる場合もありますが、マイナーなメーカーの場合はメーカーからの取り寄せになってしまうことや、送料負担がかかる場合も増えます。

マイナーなメーカーや海外製品を購入する場合は特に注意が必要です。

メンテナンス方法を学ぶこともバリカンを長持ちさせるポイントになる

バリカンを長持ちさせたいのであればメンテナンス方法を学ぶことも大切になります。

バリカンの中には防水性が高く水で洗えるものもあります。

手入れの簡単さで言えば、防水性の高いものを購入して水洗いし、水気を拭いて乾燥させるのが楽になります。

防水性が低いものはブラシなどで刃の汚れをとるのが基本になります。

替え刃が用意されているものはネジを外して刃のみを交換する、オイルをさして動きを良くするなどメンテナンスの幅も広がります。

ただし、一般家庭で利用できるものはユニットごと交換になる場合も珍しくなく、それほど複雑なものではないのです。

長持ち優先で業務用のバリカンなどを購入した場合はメンテナンスの方法も詳しく学ぶ必要があるのです。

高級品と使い安さがイコールとは限らない

家電量販店で購入できるバリカンと、美容室などで使われるプロユースのバリカンは全く別物になることがあります。

家電量販店で購入できるものは一般的な消費者が利用できるように考慮されていて、メンテナンス製なども考えられたものが多くなります。

一方で、美容室などで使われるプロユースのバリカンは、使い心地や剃り心地などに重点を置いて作られています。

耐久性なども高いかわりに機能の維持にメンテナンスが必要な場合や、部品の消耗や交換を前提に作られていることが増えるのです。

ECサイトなどを経由して高級なバリカンを購入しようとする場合は特に注意が必要で、高い方が使い勝手が悪いバリカンになってしまう場合もあるのです。

価格だけでなく、バリカンの内容をチェックして家庭用のものかを確認することも大切です。

まとめ

家庭用のバリカンはある程度消耗品と考えた方がよく数年単位で買い換えることが重要になります。

替え刃を用意しようにも本体の方がこわれてしまう場合もあるため、刃のメンテナンスをすれば数年使える設計になっていることが多いのです。

業務用のバリカンは本体も丈夫になる変りにメンテナンスしなければならない部分が増えるなど、内容が大きく異なります。

音などの充電方式や重量などのスペックではわからない部分もあるためしっかり確認して購入することが大切なのです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.kaizoku-diary.com/entry…
https://www.lgate.jp/%E3%83%90%E3%8…
https://www.speedik.co.jp/maintenan…
https://www.yodobashi.com/category/…
https://www.tescom-japan.co.jp/supp…