バリカンを使って子供の髪型を作るにはどうしたらいいのか

子供の髪の毛を切るときに、普通のハサミだけだとなかなか上手くいかない時ってありますよね。

特に男の子は髪の毛を短くするので、少し刈り上げたり、おしゃれにしてみたいときなどには少し剃り込みを入れてみたりと様々な方法でバリカンを使うことがあるのではないでしょうか。

その時にバリカンを使うにも失敗したりすると嫌ですよね。

バリカンを上手く使う方法についてお話ししていきたいと思います。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




子供の髪の毛を切るときの方法

子供の髪の毛を切るとき失敗するのが怖いですよね。

そこで、子供の髪の毛を切るのに失敗しない方法をお話ししていきたいと思います。

髪の毛を切る前のバリカン選び

バリカンといえども、種類は様々です。

その中でも、子供の髪の毛を切るときに使いたいバリカンの種類は、アタッチメントが付いているものを選ぶといいと思います。

どうしてアタッチメントが付いているものがいいのかというと、付いているものであれば刈る髪の毛の長さを調節することができます。

素人だと、バリカンで髪の毛の長さを調節しながらやろうとするとどうしても失敗しやすくなります。

そのために、アタッチメントがついているものを選ぶと、長さを気にせずに刈ることが出きるので便利でとてもおすすめです。

どうしても小さい子供なので、ずっとじっとしていることが難しいので、短期間に上手に出きるものを購入するといいのかもしれません。

また、バリカンを選ぶときには、水洗いが出きるものを選ぶといいと思います。

バリカンで髪の毛を刈ることで、どうしてもバリカンの中に小さい髪の毛が付着して取れません。

それが水洗いが出来ないものであれば綺麗にするのにとても苦労します。

でも、水洗いが出来るものであればとても簡単には掃除が出来るのでとても便利です。

さらに、コードレスのバリカンを選ぶことが大切です。

コードレスじゃないものはコードレスのものと比べて強さがあるし、電池残量の心配なく使うことができますが、子供の髪の毛を刈る場合には、バリカンを動かしやすいコードレスのものの方が使い勝手がいいので、コードレスがおすすめです。

バリカンを遣いながらどう刈っていくのがいいのか

バリカンを使用するときには必ずしもヘアピンも準備しておきます。

実際に刈るところよりも少し高めのところにヘアピンを使いながらやっていきます。

そうすると、バリカンが使いやすくて便利です。

バリカンを下から上に向かって使うときれいに仕上がります。

ただ、相手が子供なので、のんびりやってると動き回ったりする可能性がありますので、スピード重視を意識してやることが大切です。

バリカンを使いながらの注意点

バリカンを使う時に素人だと失敗しがちになります。

でも、それを出来るだけ回避するためには、どのようにしていくといいのでしょうか。

その注意点をお伝えします。

一つ目は、一日で髪の毛を整えようとはせず、二日にわけてしてみるということです。

大人だとずっと座っていられますが、特に年齢が低い子供たちは集中力がありません。

そのために初めは興味本意で座っていたりしますが、段々と退屈になってきて動き回ろうとします。

そのため、子供の集中力が持ちそうな時間を見計らってバリカンを使用することがいいのかなと思います。

子供の集中力が持たないから早くしないといけないと焦りがちですが、焦ると失敗のもとになりますので、焦らないようにするためには日にちを分けてやるとか、時間を空けることで子供の集中力は持ちやすくなると思います。

二つ目は、バリカンを使うことで痛いなどの訴えがある場合には気を付けてあげることです。

バリカンが古いものだったり、使い方が不適切な使い方をしていると、髪の毛を引っ張ったりしてしまい、子供に痛い思いをさせてしまうことがあります。

そのことでトラウマになったり、バリカン嫌いになってしまったりすることがあります。

その場合には、トラウマなどにならないように細かに痛くないかどうかなどを聞いて使用することがいいのかもしれません。

三つ目に、子供の気持ちを配慮してあげることです。

小さいうちには自分の髪型がこのようなのがいいなど、そこまでの気持ちはないかもしれませんが、小学生など、割りとおしゃれをし始めたりして回りの人たちに髪型を指摘されてしまうとバリカンが嫌いになってしまったりして使いたくないなと思ってしまうようになってしまいます。

美容室に行くより家でやる方が手軽だし、お金がかからないのでとても経済的で嬉しいことですが、子供が大きくなるにつれて、どのような髪型がいいのかなどについても聞いてあげることが大切なのかなと思います。




バリカンを使ったおすすめの髪型

バリカンを使った髪型はいくつか存在します。

どの髪型が子供に似合うのか、本人がどのようなものを望んでるのかを把握することも大切です。

子供の好みや生活スタイルに合わせてどのような髪型がいいだろうかと悩んでしまいますよね。

そこで、バリカンを使った髪型はどのようなものがあるのかについてご紹介していきたいと思います。

丸刈り

丸刈りはとにかくバリカンでひたすら刈っていく作業なので、とても簡単で時間もほとんどかかりません。

特に初めてバリカンを使う親御さんでも、失敗しすることなく散髪をしてあげることができます。

なんといっても、髪の毛の長さがここがおかしいとか、ここが失敗したなどの心配がないので、親御さんにとってはとてもやりやすい散髪の仕方かなと思います。

ベリーショート

ベリーショートだと、おしゃれ坊主よりは難易度が低くて、割りとやりやすいものです。

丸刈りよりは少し長めの髪型なので、おしゃれな雰囲気を作ることができます。

そして、少し髪の毛の長さなどの調節が難しかった場合にも、髪の毛のセットの仕方によっては失敗を隠すことが出来るので、そこまで不安に思うことは少ないのかなと思います。

マッシュルームカット

バリカンではマッシュルームカットが出来なさそうなイメージでもありますが、ハサミを使わずに出来ます。

マッシュルームカットをする時には、くしが必ず必要です。

くしを髪にあて、バリカンを普段とは表裏逆向きにして使います。

丸刈りなどに比べてまっすぐに揃えないといけないので少し難しいなと思いがちで、少し難易度が上がります。

ツーブロック

この髪型はおしゃれをしたい男の子には人気のある髪型ではないでしょうか。

でも、親御さんからしたら少し難易度が高めの髪型です。

ツーブロックの場合は、頭のトップ部分は長めに置いておき、下側の部分は刈り上げるので、バランスを保つことが大切です。

下側の部分の髪の毛の刈り上げが、バリカンを使うときに髪型が左右対称になるように心がけることが大切です。

モヒカン

モヒカンの場合は、バリカンを使う場面が多いです。

ツーブロックと比べると、下側の面積が広く、トップの部分が短めでも大丈夫なので、割りと作りやすい髪型です。

おしゃれをしたい子供や、暑い夏には耳元あたりからすっきりとした髪型で過ごしやすいのかなと思います。

まとめ

バリカンを使って子供の髪の毛を整えようとするときには、子供が割りと大きくなってきたら本人の要望を聞いてどのような髪型をしたいのかなどを聞いてみることや、小さい子供であれば、親御さんが無理なく出来そうな髪型をして見ることがとても大切です。

また、バリカンの機能面もしっかり配慮して使いやすいものを選ぶのが長い間使えるようになると思います。

参考URL・参考文献・根拠など

https://belcy.jp/66732?page=2
https://iko-yo.net/articles/1427