操作性や利便性が異なるバリカンの電源方式や機能性について

パナソニック  カットモード 交流式  緑 ER511P-G

現在では、サイドを刈り上げてツーブロックにする男性も多くなっており、バリカンを使ってセルフカットしている方も少なくないと思いますし、子供の髪をカットする時にバリカンを使用する親御さんも昔からいると思います。

また、バリカンの機能性や操作性なども向上していますし、比較的リーズナブルな価格で販売されていますので、購入してみようと考えている方も少なくないと思います。

そこで、この記事ではバリカンの電源方式や機能性について紹介していきたいと思います。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカンの電源方式について

バリカンの電源方式は、充電式、電池式、交流式、兼用タイプの主に4つに分かれており、それぞれの電源方式でメリットやデメリットは異なっています。

そこで、ここではそれぞれの電源方式の特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

充電式の特徴やメリット・デメリット

充電式のバリカンは本体がコードレスになっており、バッテリーの残量があれば場所を選ばずに使用することができますので、使いがっての良さはメリットの一つとなっています。

ただし、バッテリーの残量が十分でない場合は使用している最中に止まってしまい、カットが中途半端な状態で中断してしまいますので、充電時間や使用時間を十分にチェックした上で購入することが重要です。

特にバリカンの扱いに慣れていない方は、使用時間が1時間程度になっている長めの製品を選ぶようにすることをおすすめします。

また、充電式の場合はバッテリーの寿命があり、一般的にバッテリーの寿命は3年~5年程度となっており、バッテリー交換を行う場合は本体を買い替えるのと変わらない費用が掛かってしまう場合がありますので、高額で品質の高いバリカンをバッテリー交換しながら長く使用するのか、それとも手頃な価格で品質に問題のないバリカンをバッテリーの寿命のタイミングで買い替えるようにするのかの2通りの考え方になると思います。

電池式の特徴やメリット・デメリット

電池式のバリカンは、充電式と同じようにコードレスとなっていますので、場所を選ばないという使いやすさがメリットの一つとなっています。

また、電池が切れてしまっても交換すればすぐに使えるようになりますので、充電時間がない分だけ使い勝手は良くなっています。

しかし、電池式のバリカンはパワーが弱い製品が多くあり、他のタイプのバリカンのような切れ味は期待できませんし、電池交換の度にコストが掛かってしまいますので、家庭用として使用するのではなく、携帯用として使用する場合のみおすすめすることができます。

交流式の特徴やメリット・デメリット

交流式のバリカンは、低価格のものが多いですし、バッテリー切れの心配もないというのがメリットの一つとなっています。

また、電源があればすぐに使用することができますので、充電や電池交換などの手間がないという点もメリットと言えます。

しかし、使用する場合は電源を確保する必要があるため、使い勝手に関しては劣る部分となっていますので、庭やお風呂場などの電源を確保しにくい場所で使用することを検討している方は注意が必要です。

さらに、本体と電源を繋ぐコードが使用していると邪魔に感じてしまう場合がありますので、自分で自分の髪をバリカンでカットするために使用する場合はコードレスのバリカンをおすすめします。

兼用タイプの特徴やメリット・デメリット

兼用タイプのバリカンは、充電式と交流式のどちらでも使うことができますので、充電式と交流式のデメリットを補う機能性となっています。

従って、場所を選ばない使いやすさもありますし、電源が確保できる場所ならすぐに使うことができ、電源方式の切り換えも簡単にできますので、用途や場所に応じて使い分けができる利便性の高いバリカンとなっています。

また、電池式のようにパワー不足を心配することはありませんので、兼用タイプは様々な部分で優れています。

ただし、高い機能性と利便性であるがゆえに他のタイプのバリカンよりも価格が高めになっていますので、経済的な負担だけを考えると若干のデメリットがあります。

しかし、バリカンの使用頻度が多い方は数回分の散髪代くらいの負担ですぐに元はとれますし、価格に見合っただけの機能性と利便性がありますので、兼用タイプのバリカンは非常におすすめすることができます。




バリカンに求める機能性

バリカンは製品によって備わっている機能性は異なっており、その違いによって操作性や使い勝手、お手入れなどにも関係してきますので、バリカンを購入する場合は様々な部分を考慮した上で選ぶほうが望ましいと思います。

そこで、ここではバリカンに求める機能性について紹介していきます。

防水性の高さ

バリカンを使用する場合、髪が落ちても後片付けが楽な浴室で使いたいと考えている方は多くいると思います。

そこで注目するのがバリカンの防水性となっており、バリカンを購入しようと考えている方は防水性があるかどうかをしっかりチェックしておくことで後々の後悔を無くすことができます。

また、バリカンを使用した後のお手入れにも防水性は関わっており、防水タイプのバリカンなら水洗いすることで細かい髪の毛も簡単に洗い流すことができますので、そういった面でも防水性の高いバリカンはおすすめとなっています。

対応できるカットの長さ

多くのバリカンは、カットの長さを調節することができるアタッチメントがあり、切り替えタイプと本体一体型の2種類があります。

この2種類は、収納に関する違いや多少の使い勝手の違いがあるだけなので、どちらを選ぶから好みで決めても問題ないのですが、ここで注目するのは対応できるカットの長さについてです。

バリカンは、人によっては何年も使用するアイテムとなっていますので、時期や年齢に応じて髪型を変えたいと思うことも考えられますし、家族で使用する場合はそれぞれで好みの長さがあると思いますので、対応できるカットの長さのバリエーションが多いバリカンを購入しておくことが望ましいと思います。

また、アタッチメントの数が多いからといって価格が極端に上がるわけではありませんので、対応できるカットの長さが不十分と感じて買い替えるくらいなら対応力の高いバリカンを初めから購入することをおすすめします。

グリップ部分の感覚や重量

バリカン本体の大きさや太さは製品によって様々となっており、大きすぎると操作性に不満を感じてしまう可能性がありますし、太過ぎると持ちにくくて細すぎると手に余ってしまいます。

これは手の大きさによって異なる部分だと思いますので、実際に製品を持ってみて手に馴染むものを選ぶようにすることが重要です。

また、バリカンを使っている最中は頭の位置で操作することになりますし、自分で自分の髪をカットする場合は肩より上の位置で長い時間操作しなければならないこともありますので、腕の負担を減らすと同時に操作性をキープするためにも出来るだけ軽い製品を選ぶことをおすすめします。

静音性に優れているか否か

バリカンの中にはモーター音がうるさく感じてしまうのもがあり、防音対策されていないアパートやマンションなどの集合住宅だとモーター音のせいで使いづらいと思ってしまう場合がありますし、バリカンの使うタイミングは人それぞれで早朝や深夜に使いたい方もいると思いますので、周りを気にせずに気軽に使いたいと考えている方は静音性が優れているかをチェックしてください。

また、静音性に優れた製品はそうでない製品と比べると価格が高くなりやすいのですが、時間帯や住まいの環境を気にせずに使用できることを考えたら価格に見合うだけの価値はあると思います。

まとめ

バリカンの電源方式や機能性について紹介してきましたが、他にも切れ味の持続力なども製品によって異なっており、中には数回使っただけで切れ味が鈍ってしまう製品もありますので、購入しようと考えているバリカンの目星がついたら購入経験のある方の口コミや評判を一度確認し、不評ではないことを確かめた上で購入することをおすすめします。