トリミングで犬を傷つけてしまう原因は?バリカンのNGな使い方10選

バリカンは、人間だけでなく、犬の毛をカットするときも役立つアイテムです。

ただし、使い方には注意が必要です。

適当な使い方や間違った使い方では、犬に怪我をさせてしまうことがあります。

そのような失敗を防ぐためには、NGとなるポイントを知っておいてください。

よくない使い方を避けていれば、安全なトリミングができます。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




人間用を使っている

バリカンには、人間用のものと犬用のものがあるので、適当に選ばないようにしてください。

怪我を防ぐためには、必ず犬用の製品を使うべきです。

無理に人間用を使ってしまうと、毛や肌を傷つける可能性があります。

これは、犬の体に合っていないためです。

犬の皮膚は柔らかいため、人間用のバリカンに耐えられないことがあります。

きちんと犬専用のバリカンを使っていれば、柔らかい部分を傷つけない安全なトリミングができるのです。

兼用は衛生的にもよくないので、犬用がないときは購入しておきましょう。




アタッチメントをつけていない

トリミングで犬の皮膚が傷ついてしまうときは、刃を直接当てたことが原因になる場合もあります。

いくら犬専用の製品でも、そんな刈り方では、怪我を防ぐことができません。

失敗を防ぐためには、アタッチメントの有無を確認するようにしてください。

バリカンは、アタッチメントを付け替えることで、毛の長さを調整することができます。

これには、刃が直接触れることを防ぐ役割もあるため、つけ忘れは厳禁です。

アタッチメントがあるものは、必ず装着した状態で使うようにしてください。

直に触れたりしなければ、肌を傷つける心配はありません。

力を入れすぎている

きちんとアタッチメントを使っていても、力の入れすぎはNGになります。

強く押しつけるような使い方をしていると、皮膚が傷つく可能性は高くなります。

安全にトリミングを行うためには、優しく動かすことが大切です。

撫でるように軽く当てる方法なら、皮膚に余計なダメージを与えることなく、きちんと毛だけをカットすることができます。

乱暴なやり方ではなく、常に優しく刈ることを意識しておきましょう。

スピードが速すぎる

バリカンを動かすスピードが速すぎると、ミスをしやすくなります。

皮膚を傷つけるだけでなく、刈る必要のないところを刈ってしまうこともあるのです。

そのため、トリミングでは焦ってはいけません。

時間がない中で手早く済ませようとすると、つい急いでしまうこともありますが、怪我をさせないためには、ゆっくりと丁寧に動かすべきです。

雑な方法で刈ったりせず、慎重に少しずつ作業を進めていきましょう。

それなら、怪我をすることはなく、おかしな刈り方になることもありません。

バリカンの持ち方が悪い

力加減や動かすスピードに注意していても、持ち方が間違っていた場合は、怪我をさせてしまうことがあります。

適当に持っていると手が滑ってしまうことも多いので、きちんとバリカンを握りましょう。

また、肉球の近くをカットするときは、向きにも注意が必要です。

縦に持った状態で足裏を刈ると、柔らかい肉の部分を傷つける可能性があります。

刃が立ったような状態だと、そうした事故が起こりやすくなるので、縦に持つのはやめてください。

スプーンのように持っていれば、刃が肉に刺さったりせず、安全に刈ることができます。

皮膚をのばしていない

犬の体の中には、皮膚がたるんでいてカットしにくい部分があります。

首や耳はかなりたるんでいるので、他の部分よりも慎重に作業を進めなければなりません。

そのまま刈ろうとすると、皮膚を巻き込んでしまうことが多いのです。

毛だけをきれいに刈り取るためには、しっかりと皮膚をのばしてから始めるようにしましょう。

たるみをなくして刈りやすい状態にしておけば、怪我を防ぐことができます。

あらかじめチェックしておく

怪我を防ぐなら、トリミングを始める前に、たるんだ部分がどこなのか把握しておいてください。

たるんだ部分がわかっていれば、確実に手で押さえてから刈ることができるのです。

行き当たりばったりで作業を進めていると、たるみを無視してしまう可能性もあります。

失敗しないためには、いきなり始めたりせず、まず全体のチェックから始めていきましょう。

2人がかりで刈る

たるんだ部分をのばすといっても、すべて自分だけで行うのは難しい場合もあります。

難易度が高いと感じるようなら、誰かの手を借り、2人がかりで行ってください。

1人が皮膚を押さえ、もう1人がカットしていけば、全部自分で行うよりも安全にトリミングができます。

犬に負担をかけないためにも、なるべく無理のない方法で進めていきましょう。

自身がない部分を強引にカットしている

2人1組でやれば、大抵はスムーズに刈ることができますが、細かい部分は不安になったりするものです。

確実に怪我を防ぐなら、そこを無理に刈るようなことはしないでください。

自信がないところは、ミスをしやすくなります。

必要以上に緊張してしまい、思わぬ失敗をすることも考えられるのです。

本当に安全なトリミングをするなら、自分にできそうな部分だけを刈っていきましょう。

難しく感じるところは、プロに任せてしまうのがおすすめです。

プロのトリマーであれば、難易度の高い部分もしっかりカットしてくれます。

足の位置が高すぎる

足裏を刈るときは、よく見えるように、少し持ち上げることになります。

そのときの角度には、十分注意してください。

持ち上げすぎて急な角度になっていると、関節炎になることがあるのです。

いくらバリカンに気をつけていても、足の持ち上げ方を間違えれば、完全に怪我を防ぐことはできません。

裏がよく見えないと、つい高く持ち上げたくなりますが、無理に動かすのはやめましょう。

どうしてもできないときは、2人1組で行うか、プロに頼ることをおすすめします。

犬の体を痛めないためには、すべて自分でやることにこだわらず、最も負担の少ない方法を選択してください。

手入れができていない

バリカンを使ったあとは、丁寧に洗っておくことを忘れないでください。

何もせず放置していると、劣化しやすくなります。

これは、怪我を防ぐためにも重要なことです。

劣化して刃の切れ味が落ちれば、正しく使っているつもりでも、怪我をさせてしまうことがあります。

安全なトリミングのためには、バリカンを常にベストな状態にしておくことが大切です。

すんなりと毛をカットできるものなら、無理な動かし方で肌を傷つけるようなことは起こりません。

水洗いができるものを選び、使い終わったら毎回手入れをしておきましょう。

音に慣れない状態で使う

いろいろと注意していても、犬がバリカンの音を極端に嫌がるようだと、怪我のリスクが高まります。

暴れて体を大きく動かしたために、傷つけてしまうこともあるのです。

それを防ぐには、いきなり始めたりせず、音に慣れるところからスタートしましょう。

おやつを食べるときに音を聞かせるなど、嬉しいこととセットにしておけば、警戒心を和らげることができます。

大人しくなれば失敗も少なくなるので、強引に刈ったりせず、じっくり慣れるのを待ちましょう。

まとめ

バリカンで犬のトリミングをするなら、怪我は確実に防がなければなりません。

そのためには、ここで紹介したNGなポイントをしっかり避けるようにしてください。

無理な方法で刈ったり、手入れや慣れる時間を省略したりすると、安全にカットすることはできません。

怪我につながる要素をできるだけ潰すようにして、犬に負担のかからないトリミングを行いましょう。