バリカンで綺麗にセルフカットする時の大切な5つのポイント

散髪 ヘアカット すきばさみ セット ハサミ シザー 左右 プロ 初心者 美容師 理容師 セルフカット カットはさみ ケース付 クリップピン付

「他人に髪を触られるのが嫌い」「散髪代を節約したい」などの理由から美容院や床屋には行かず、バリカンでセルフカットしている方もいることでしょう。

バリカンで綺麗にセルフカットする場合、大切なポイントがいくつかあります。

ここでは、そのポイントを説明していくので、バリカンでセルフカットしようと思っている方は参考にしてくみてください。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカン以外に用意したいもの

バリカンで自分の髪を切る際、バリカン以外にも用意したいものがあります。

それは、クシ・髪を切る専用のハサミ・スキバサミなどです。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

クシ

バリカンでセルフカットする際、クシがあると綺麗にカットしやすくなります。

バリカンでカットしていると、髪がボサボサになりがちになります。

髪が乱れている状態でバリカンを使うとカットしにくく、綺麗に切ることができない場合があります。

そこであると便利なものがクシで、バリカンを使っている途中途中で、クシで髪をとかし整えることでカットしやすくなります。

髪を切る専用のハサミ

セルフカットする時、バリカンだけでも切ることはできますが、髪の長さを細かく調節したり、狭い範囲を切りたい場合はハサミを使うと良いです。

特に、カットする長さを細かく調節できないバリカンを使用している場合は、バリカンと一緒にハサミも使った方が綺麗に切ることができます。

刈り上げる部分には必要ありませんが、長めの部分の髪の長さを細かく調節したい場合は、ハサミを使うことをおすすめします。

普通のハサミでも髪を切ることはできますが、できるだけ髪をカットする専用のハサミを使いましょう。

専用のハサミはドラッグストアなどでも売っているので、手に入りやすいです。

スキバサミ

毛のボリュームを少なくするのに、スキバサミがあるととても便利です。

スキバサミは素人でも簡単に使えるハサミで、間違った使い方をしなければ切り過ぎることはありません。

トップや前髪などをすくことで、自然な感じにすることもできます。

髪をすくことができるアタッチメントが付いているバリカンもありますが、スキバサミの方が細かく調節することができます。

スキバサミを使う時は、髪のすき過ぎには注意が必要で、髪をすき過ぎると髪が薄くなってしまい、ハゲたようになってしまうこともあります。




数種類のアタッチメントを上手く使おう

バリカンは、数種類のアタッチメントを上手に使い分けて使いましょう。

坊主などのシンプルな髪型にする場合は、1種類のアタッチメントだけでも問題ありませんが、トップやサイド、バックなど、部分によってカットする長さを変えたい場合は、数種類のアタッチメントを使う必要があります。

アタッチメントを変えることで髪をカットする長さを変えることができるため、「上手にカットしたい」「長めのオシャレな感じにしたい」という場合はアタッチメントを数種類使いましょう。

充電できるバリカンは使う前にしっかり充電すること

充電して使うバリカンは、しっかり充電してから使いましょう。

使う前にしっかり充電しておかないと、髪をカットしている途中で電池が切れてしまう可能性があります。

途中で電池が切れると中途半端な髪型になってしまい、充電が終わるまでカットの続きをすることができなくなります。

それでは、効率的ではありませんよね。

コードが使えるものもありますが、コードを繋ぐとコードが邪魔に感じてしまうことがあります。

コードが邪魔に感じることで髪をカットしにくくなるため、充電できるバリカンは使う前にしっかり充電しておくことが大切です。

丁寧にゆっくりカットしましょう

アタッチメントを上手く使えば、ササっと速くカットしても大きく失敗することはありません。

しかし、できるだけ上手に髪をカットするには、適当に速くカットするのではなく、丁寧にゆっくりカットすることが大切です。

適当に速くカットすると、サイドだけカットするつもりがトップまでカットしてしまったり、前髪をカットするつもりがなかったのに間違ってカットしてしまうこともあります。

髪を切って失敗すると、すぐに元に戻すことはできず、髪が再び伸びるのを待つしかありません。

また、失敗すると、妥協してそのままの髪型にするか、他の髪型に変える必要がでてきます。

妥協してそのままにするということは、髪が伸びるまで失敗した髪型でいなくてはいけないということになります。

髪が伸びるまでには結構時間がかかるので、髪が伸びるまで辛く感じてしまうこともあります。

ですから、バリカンでセルフカットする時は、丁寧にゆっくりとカットしましょう。

使い終わったら手入れをしましょう

セルフカットが終わったら、必ずバリカンの手入れを行いましょう。

手入れをしないでそのままにしておくと、切れ味が悪くなったり、故障したりする原因になります。

また、衛生的ではないので、使い終わったら洗ったり油をさしたりして手入れをしっかり行いましょう。

まずは落とせるだけ髪を落とす

使い終わった後のバリカンにはたくさんの髪がついています。

そのため、まずはバリカンについた髪をできるだけ落としましょう。

できるだけ髪を落とすことによって、手入れをしやすくなります。

丁寧に全て落とす必要はなく、ザっとでいいので髪を落としてください。

水洗いできる場合

水洗いできるバリカンなら、ジャーと水で洗い流しましょう。

水で流すことによって、バリカンについている細かい髪を簡単にとることができます。

使ったアタッチメントなんかもしっかり水洗いしましょう。

水洗いできるバリカンは手入れがとても簡単なので、バリカンの購入を検討している方には、水洗いのバリカンを買うことをおすすめします。

水洗いできないバリカンはどうする

水洗いできないバリカンは、当たり前ですが水洗いしてはいけません。

水洗いすると故障してしまう可能性があります。

では、どのようにして手入れをするのかというと、付属のブラシなどでバリカンについた髪の毛を除去してください。

除去しないで放っておくと、切れ味が悪くなったり、汚れが酷くなったりしてしまい、劣化が促進されてしまいます。

劣化が促進することで故障しやすくなるため、面倒ですが付属のブラシなどを使用して丁寧に髪を除去して綺麗にしましょう。

手入れの最後に油をさしましょう

バリカンの刃の切れ味を悪くしないようにするには、油をさす必要があります。

バリカン本体に手入れをしていても、刃に油をささないでいると快適に髪をカットすることはできなくなります。

刃は髪をカットする大事な部分なため、手入れの最終仕上げとして付属されてる油で注油するようにしましょう。

注油することで滑りが良くなり、刃の切れ味を維持することができ、スムーズに動かすことができます。

手入れはしっかり行う

一度髪をカットすると、次に髪を切るまでには間がかなり空くことでしょう。

間がかなり空くということは、しばらくバリカンを使わないことになります。

そのことからも、使用後はしっかり手入れを行うことが大切です。

使用後、手入れをちゃんとしないでしまってしまうと、長い期間そのままの状態で置くことになってしまいます。

手入れをちゃんとしていない状態で長い期間放置しておくと、刃が錆びたり、本体についている汚れが落ちにくくなったり、菌が増殖したりしてしまいます。

刃が錆びれば切れ味は悪くなり、汚れが落ちにくくなれば、汚れを落とすのが大変になり、菌が増殖すれば、次に使う時は不衛生な状態で使うことになってしまいます。

また、故障する原因にもなるので、長く使うためにも使用後はちゃんと手入れを行いましょう。

まとめ

セルフカットするのにバリカンは便利なアイテムですが、セルフカットする時のポイントを知らないと、上手にカットすることができなかったり、バリカンの切れ味が悪くなったり、故障したりしてしまう可能性があります。

そのため、バリカンでセルフカットする方は、ここの記事を参考にしてポイントを押さえてみてください。

ポイントを押さえることによって、綺麗にセルフカットすることができることでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.4cm.jp/post-1251/
http://self-cut.from.tv/self-cut-it…
https://bought-boat.com/magazine/ar…