バリカンのセルフカットで失敗しないためのコツは?注意点11選

バリカンは、自分で髪をカットするときに役立つ便利なアイテムです。

お店を利用しない方法なら、散髪代を節約することができます。

ただし、自分で髪を切るときは、注意点をしっかり押さえておくべきです。

適当にカットしたりすると、自分でやったことを後悔するような大失敗をすることもあります。

では、失敗を防ぐためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




コードがあるものは避ける

バリカンは、常にコンセントにつないで使うタイプと、充電してコードレスで使えるタイプがあります。

セルフカットで失敗しないためには、なるべくコードレスタイプを選んでおいてください。

コードつきのものは、バッテリー切れを心配せずに使えるようになっていますが、コンセントとつながっているために、動きを制限されてしまうことがあります。

また、コードが邪魔になり、手元がよく見えなくなることもあるのです。

セルフカットに慣れていない場合、それらのデメリットが大きな障害になったりするものです。

少しでも使いやすい設計のものを選び、失敗を防いでいきましょう。




髪が乾いたまま刈らない

セルフカットをするときは、乾いてパサパサした状態よりも、しっとり濡れている方がやりやすいものです。

そのため、うまくカットするためには、霧吹きなどで少し湿らせることをおすすめします。

適度に濡らすと、寝ぐせなども直すことができるため、カットしやすい状態になります。

特に、慣れていない初心者の場合は、必ず湿らせてから始めるようにしてください。

初めてだと、なかなかうまくいかないことが多いものです。

失敗を防ぐなら、どんなデメリットでもしっかり潰しておくべきです。

なるべくカットしやすい状態にして、スムーズに作業を進めていきましょう。

強く押し付けすぎない

バリカンは、常に優しく当てることが大切です。

あまり強く押し付けすぎると、皮膚を傷つけてしまうおそれがあります。

強く当てたからといって、よく切れるようになるわけではないので、無理な使い方はしないでください。

切れ味を落とさないためには、使ったあとの手入れをきちんと行うようにしましょう。

洗わずに放置していると、劣化を早めることになってしまいます。

水洗いできるものなら手入れは簡単にできるので、汚れをきれいに取り除いておきましょう。

常によく切れる状態であれば、優しく当てるだけでもしっかりカットすることができます。

急いで動かさない

上手にセルフカットを行うなら、焦ったり慌てたりするのは禁物です。

急いで雑な刈り方になると、思い通りの髪型にならないことも多いのです。

きれいに仕上げるためには、ゆっくり慎重に、少しずつ刈り取っていきましょう。

強引に動かしたりせず、様子を見て調整しながら進めていけば、大きな失敗をすることはありません。

少し慣れてくると、つい急いでしまうこともありますが、そうした油断が失敗につながることもあるので、十分注意してください。

鏡をうまく使う

セルフカットをするなら、バリカンだけでなく、鏡も重要なアイテムになります。

鏡があると、後頭部を刈るときに役立ちます。

自分の後頭部を直接見ることはできませんが、だからといって避けていたのでは、望みどおりの髪型にはなりません。

後ろもきちんと刈るためには、鏡に映して確認する方法がおすすめです。

直接は無理でも、鏡に映ったものなら見ることができるため、刈り残しもしっかり処理できるようになります。

最後に全体を確認するときも便利なので、鏡は忘れずに用意しておきましょう。

動かす方向を固定しない

髪を上手にカットするなら、同じ方向にばかり動かすのはやめてください。

常に同じ動かし方をしていると、うまく刈ることができません。

そのような方法だと、刈り残しが多くなったり、長さがバラバラになったりすることがあるのです。

きれいに仕上げるためには、いろいろな方向から刈るようにしてください。

例えば、縦方向だけで残ったり揃わなかったりするときは、横や斜めからも刈ってみることが大切です。

すべての方向から刈ることで、よりきれいに整えることができます。

鏡を使って確認しながら、まんべんなくカットしていきましょう。

耳を折ってから刈る

耳の近くは、他の部分よりも少し刈りにくいものです。

刈りたい部分が耳で隠れてしまうため、思うようにバリカンを動かすことができません。

そうなると、刈り残しが多くなってしまうのです。

耳の周辺もきちんと刈り取るためには、隠れている部分を出してから刈るようにしてください。

少し耳を折り、バリカンの先が入りやすい状態にしておけば、スムーズに作業できるようになります。

ただ刈ろうとしても、うまくいかないことが多いので、工夫しながらカットしていきましょう。

バリカンの先をくっつけすぎない

これは、サイドや襟足などを刈るときの注意点になります。

サイドや襟足は、バリカンの先を近づけすぎると、段差ができてしまいます。

先が当たっていた部分だけ急に短くなるため、不自然に髪が途切れたような状態になるのです。

この失敗を防ぐためには、先を常にくっつけておくのではなく、徐々に浮かせて離すようにしてください。

その方法なら、ぶつりと途切れるような段差にはならず、ゆるやかな変化になります。

段差ができたときは、すき刈り用のアタッチメントで修正することもできますが、余計な手間を減らすためには、最初から適切な刈り方をしておきましょう。

最初から短くしすぎない

セルフカットで失敗しないためには、いきなり短く刈り込むのではなく、少し長めに残すようにしてください。

それから少しずつカットして調整していくのが、最も失敗の少ない方法です。

最初から短く刈っていると、修正が難しくなってしまい、うまくいかないことが多くなります。

長めにカットして修正の余地を残しておけば、初心者でも成功しやすくなるのです。

アタッチメントを長めのものにして、コツコツと慎重に刈っていきましょう。

ブロッキングを忘れない

刈るところと残すところをしっかり分けるには、ブロッキングが重要になります。

これは、ダッカールという髪を留めるアイテムを使い、境界線をつくっておく作業です。

失敗しないためには、このブロッキングをしっかり行うようにしてください。

あらかじめ境界線をつくっておかないと、必要ないところまでカットしてしまい、あとから後悔することがあります。

刈るべき部分とそうでない部分が明確に分かれていれば、失敗は防ぐことができるのです。

ダッカールは100円ショップでも簡単に手に入るので、ぜひ試してみてください。

後頭部は顎を引く

後頭部や襟足などを刈るときは、首の角度も重要になります。

首が曲がりすぎていると、うまくカットすることができないのです。

そのため、後ろの方を刈るときは、なるべく顎を引くようにしましょう。

顎を引いて首筋を伸ばすようにすると、かなり刈りやすい状態になります。

また、顔を前ではなく下に向けることも忘れないでください。

正面を向いたときも刈りにくくなってしまうので、顎を引きつつ、少し下向きにするのがベストです。

カットしやすい姿勢を意識して、失敗を防いでいきましょう。

まとめ

バリカンでセルフカットをするなら、適当に刈ったりせず、ここで紹介したポイントをしっかりチェックしておいてください。

ポイントを押さえていない雑な刈り方では、きれいに整えることができません。

なかなかうまく刈ることができず、理想の髪型にできないこともあるのです。

重要なポイントを意識しながら作業を進めれば、セルフカットで後悔するようなことは起こりません。