バリカンにアタッチメントを付けなくても髪の毛をカットできる?

バリカンを利用して、髪の毛をセルフカットする場合には、多くの方たちが『アタッチメント』を付けているでしょう。

しかし、アタッチメントは消耗品なので、破損する事もあります。

そのような事が起きてしまったら、新しい製品に買い換えたほうが良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで、アタッチメントのメリットや、使用しない場合のカット法などについて、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




アタッチメントを利用するメリット

アタッチメントが破損した場合や、これからバリカンを初めて利用しようとする方たちは、アタッチメントまで購入するべきか悩んでしまうかもしれません。

そこで、アタッチメントのメリットについて紹介しましょう。

それが分かれば、アタッチメントの重要性について理解できるはずです。

髪の毛の長さを調整

多くのバリカンには、数種類のアタッチメントがセットで付いてくるので、様々なアタッチメントに付け替える事により髪の毛の長さを変える事ができます。

それに引き換え、アタッチメントを付けなければ、髪の毛の長さを変えながらカットする事は難しいのが現状です。

新しいバリカンを購入する場合には、数種類のアタッチメントを備えている物を購入したほうが良いでしょう。

ただし、上位機種になれば、アタッチメントを付け替えなくても、髪の毛の長さを調整できる製品もあります。

付け替えなくてもカットできれば、手間暇をかけないで済むので、忙しい日々を送っている方でも、セルフカットしやすいのでおすすめです。

髪型を確認

アタッチメントを利用しなくても、髪の毛の長さを調整できるバリカンは便利ですが、上位機種なので、値段が高くなっている製品が多いです。

もし、値段が気になる場合には、数種類のアタッチメントがセットになっているバリカンを購入したほうが良いでしょう。

少し手間暇をかける事になってしまいますが、アタッチメントを付け替えて利用する事により、自分の合う髪型を見つける事ができます。

それに引き換え、アタッチメントを付けなかったら坊主頭にしかできないので、様々な髪型に挑戦したい場合にはアタッチメントを利用したほうが良いです。

様々な髪型に挑戦

アタッチメントを利用した場合には、髪の毛の長さを把握できるだけではなく、様々な髪型を目指す事もできます。

人気の高い『ツーブロック』は、頭の部分によって髪の毛の長さを変える髪型なので、上位機種のバリカンでない限りは、アタッチメントの利用は不可欠と言えるでしょう。

さらに、坊主頭に近い髪型では、髪の毛を凄く短めにカットした状態で、文字を描くようにしてカットしていく方法もあります。

このような方法でも、アタッチメントまたは上位機種のバリカンが必要です。




アタッチメントが故障した場合

アタッチメントが破損した場合には、2つの対処法があります。

その対処法を把握しておけば、あまりお金をかけなくても、セルフカットできるので詳しく解説しましょう。

補修部品として購入

アタッチメントが破損した場合には、新しいバリカンに買い換える必要はありません。

メーカーにもよりますが、補修部品としてアタッチメントだけを購入できる場合もあるのです。

Panasonicの場合であれば、自宅の近くの販売店まで行けば、本体品番と希望のアタッチメントの名前を店員さんに伝えれば良いのです。

ただし、バリカンの補修用性能部品の保有期限が決まっているメーカーもあるので、そのうちアタッチメントの在庫が無くなる場合もあるので注意して下さい(パナソニックの場合には、2019年時点では保有期限が5年となっています)。

アタッチメントなしで利用

アタッチメントを付けないで、髪の毛をカットしている方は多くいるので、部品を購入しなくてもセルフカットする事は十分に可能です。

ただし、アタッチメントを付けなかったら、バリカンで頭皮を傷付けてしまう恐れがあるので、注意しながらセルフカットしたほうが良いです。

注意しながら、セルフカットしていけば、頭皮に与えるダメージを少なくする事は可能ですが、それでは短時間で髪の毛をカットする事ができません。

そのため、安全面や時短の事を考えたら、アタッチメントを購入したほうが良いでしょう。

アタッチメントなしでカットする場合

セルフカットする時間が長くなっても構わない方もいると思うので、アタッチメントを利用しないでセルフカットする方法も紹介するので、参考にしてみて下さい。

頭皮と並行してカット

バリカンに、アタッチメントを装着していない場合では、鋭い刃がむき出しの状態になっています。

そのため、バリカンを垂直の状態で髪の毛をカットしようとしたら、頭皮で出血する恐れがあるので注意しなければいけません。

頭皮に傷を付けないようにして、セルフカットする場合には、頭皮と水平になるような角度にして、バリカンをスライドさせるようにしてカットしましょう。

バリカンの向きを水平に近い状態にしておけば、頭皮の出血を抑えるだけではなく、ダメージも軽減できます。

頭皮の状態

アタッチメントを利用しないでセルフカットする前には、まずは坊主頭にしてみて、頭皮の状態を確認してみて下さい。

もし、頭皮にアレルギーを発症している場合や、傷がある場合には、アタッチメントを付けないで利用する事は断念したほうが良いです。

なぜなら、カットする際に注意していても、頭皮に与えるダメージは大きくなりやすいからです。

頭皮にアレルギーまたは怪我をしている状態で、アタッチメントを使用しないでセルフカットしようとしたら、アレルギーや怪我を悪化させる恐れがあるので気を付けて下さい。

バリカンをメンテナンス

安全に、セルフカットする場合には、定期的にメンテナンスをする事が重要です。

髪の毛が詰まっている状態で、強引にカットしていたら、アタッチメントだけではなく刃も破損しやすいので注意しなければいけません。

刃が破損している状態で、アタッチメントを装着しないでセルフカットしたら、怪我をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、可能であればセルフカットするたびに、髪の毛を洗い流して、刃が破損していないのか確認したほうが良いです。

バリカンで坊主頭にするメリット

アタッチメントを利用しないで、セルフカットしたら坊主頭になるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そのメリットを知れば、アタッチメントがなくても、バリカンを利用したくなると思うので詳しく解説しましょう。

高度なテクニックが不要

アタッチメントを装着して、セルフカットしようとしたら、様々な髪型に挑戦できるので、逆の言い方をすれば高度なテクニックが必要になります。

実際に、ツーブロックをする場合にはカットしない髪の毛をまとめておく必要がありますし、文字を描くようにカットする場合には、見た目がよくなる所で文字を描いていく必要があるのです。

カットをする際に失敗してしまえば、理容院でカットしてもらえれば良かったと後悔しますが、坊主頭にする場合には高度なテクニックがいらないのです。

そのため、あまりバリカンを利用していなかった方でも、失敗する可能性は低くなります。

カット代を節約

高度なテクニックを必要としないので、セルフカットしても失敗する可能性が低くなります。

そうなれば、美容院または理容院へ行く必要がないので、カット代を節約する事が可能です。

実際に、カット料金が安い理容院でも、1,000円程度は必要になるので、毎月カットしていたら年間で12,000円以上ものカット料金が必要になります。

そのような事を考えたら、自宅で坊主頭にセルフカットするメリットは大きいと言えるでしょう。

まとめ

アタッチメントは、髪の毛の長さを調整できるので、上位機種ではないバリカンであれば、必要不可欠な道具と言えます。

ところが、坊主頭にする場合であれば、アタッチメントを装着しなくてもカットする事はできます。

坊主頭にする場合には、高度なテクニックが必要ではないので、見た目よりもお金のほうが気になる場合には、アタッチメントを利用しないカット法はおすすめです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://bought-boat.com/magazine/ar…
http://jpn.faq.panasonic.com/app/an…