どうすれば上手くバリカンを使える?事前準備や手入れが大切なバリカンの5つポイント

バリカンを上手く使いこなせれば、カット代を節約することができるので経済的な負担を発生させないで済みます。

更に魅力的な髪型に整えられるので、自分の魅力を最大限に引き出すことができ、好印象を多くの人に与えられます。

ただしバリカンを安易に使用してしまうと理想の髪型に整えるのが難しいです。

どのようにすれば上手くバリカンを使いこなせるのか準備や手入れなどを説明していきます。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




アタッチメントのミリ数をちょっと長めに設定

アタッチメントのミリ数をちょっと長めに設定して、バリカンを使用していけば、理想の長さに整えることが可能です。

ちょっと長いと感じた時は、アタッチメントのミリ数を減らすことで上手く調整することができます。

逆にアタッチメントのミリ数を短くしすぎてしまうと刈ってしまった時、修正するのが難しくなるので要注意です。

それぞれバリカンによって、アタッチメントのミリ数調整が若干異なっています。

少しでもバリカンを使用して、理想の長さに整えるためにも長めに設定しておくことが重要なポイントです。

バリカンを使用する部位によって上手く調整

バリカンの使用を考えている方によって、どのような長さに整えたいのか異なってきます。

そこで重要なのがアタッチメントのミリ数を部位によって、上手く微調整することが大切になります。

再度を短めにしたい方は、短めのアタッチメントのミリ数に設定することで、徹底的に刈れます。

トップはある程度長さを残したい時は、アタッチメントのミリ数を長めに設定すれば、刈りすぎを防げるのでおすすめです。

何度かアタッチメントのミリ数を調整しないといけないため、面倒ではあるのですが理想の長さに調整するには必要不可欠な部分です。




ある程度充電してからバリカンを使用すること

充電式のバリカンを使用する場合、ある程度充電しないとバリカンのパフォーマンスを発揮することができないです。

せっかくバリカンを使用して、髪の長さを調整しているにも関わらず、途中で充電が切れてしまったら使用不可能です。

その時は再度充電しなくてはいけないので、どうしても時間がかかってしまいます。

しかし充電をしておけば、長時間バリカンを使用することになっても途中で充電切れを起こす可能性を減らせます。

髪の毛を整えるのに集中でき、失敗してしまう確率を下げられるため、充電は考えている以上に大切です。

充電し忘れた時はコードにコンセントを繋ぎながらバリカンを実施

不注意によってバリカンの充電を忘れてしまった時、バリカンのコードをコンセントに繋いで充電しながら使用することができます。

ちょっとだけ充電すれば、バリカンを問題なく使用することができるので、充電し忘れた時の対処法です。

しかしコードを使用してバリカンを充電するタイプではない場合、残念ながらこの方法を実施することができないです。

更にコードをコンセントに繋いでいるのでどうしてもバリカンを使用できる範囲が定められてしまいます。

特にコードが短い場合は、コンセントの近くでバリカンを使用しなくてはいけないため、途中で抜けないように気をつけることが求められます。

あらゆる角度からバリカンで刈っていくことがポイント

バリカンを使用するときのポイントで、同じ方向ばかりで刈ってしまうとムラが発生しやすくなります。

髪の毛の長さが均等になりにくいので、満足できる髪の毛の長さに整えることが厳しいです。

少しでも均等の長さに調整するには、あらゆる角度でバリカンを使用していき、刈っていくことがポイントです。

これによって理想の長さに調整できるので、極力デコボコした状態を回避することが可能です。

その時に鏡で何度も確認していき、あらゆる角度で刈れているのか細かくチェックしないといけません。

乱暴に刈らないことがとても重要

ある程度バリカンを使いこなせている方は、多少乱暴に使用しても綺麗に刈ることができます。

しかしバリカンをあまり使ったことが無い方が乱暴に使用してしまうと刈りすぎたり、デコボコが発生しやすくなったりするので注意が必要です。

また最悪の状況としてバリカンで頭皮を傷つけてしまい、出血してしまう恐れもあるので絶対に乱暴な使用は避けなくてはいけないです。

時間がかかってもいいので、ゆっくりと実施していき、少しずつバリカンに慣れることがコツです。

ゆっくりと実施すれば、失敗してしまう可能性も低くでき、あまりバリカンを使っていない方も理想の髪型に整えられます。

刃が錆びついていないか確認すること

バリカンの刃が錆びついている場合、上手く刈れないだけではなくて髪の毛が引っかかってしまい、痛みを感じることもあります。

バリカンを使用する時間も長引いてしまうので、できる限り錆びついていない刃を使用するのが基本です。

もしも錆びついている時は、新しい刃に交換もしくは刃の錆を取り除くことが最優先になります。

刃交換をする時は、手を怪我しないように気をつけながら実施しなくてはいけません。

バリカンによって、どのような刃交換方法になっているのか異なっているので、説明書を熟読することが大切です。

刃の錆を落とすには、錆を取り除ける商品を使用することで綺麗な状態に戻せます。

どちらを選択しても全然問題はないので、綺麗な刃でバリカンを使用することが重要になります。

防錆油をバリカンに使用することで錆の発生を防ぐことが可能

バリカンは丁寧に管理することで、少しでも錆を発生させないで済みます。

そこで大切になってくるのがバリカンの刃に対し、防錆油を使用するという方法です。

定期的に防錆油を使用すれば、バリカンの刃部分に発生する錆を防げるので、何時でも快適に使用できます。

防錆油は予め付属されている場合もありますし、購入することで入手できます。

そこまで高い金額で販売されている訳ではないため、多くの人が防錆油を使用して錆の発生を防いでいます。

新聞紙やシートで刈った髪の毛を素早く回収

バリカンを使用することで、多くの髪の毛を刈ることができるため、どうしても床に散乱しやすいです。

そこで新聞紙もしくはシートを準備しておけば、刈りとった髪の毛を素早く回収でき、ゴミ箱に捨てることができます。

特に髪の毛が長い方は、それだけ散乱しやすいので新聞紙やシートは重要になってきます。

その他にもほうきやちりとりを準備しておけば、更にスムーズな回収を行えるようになります。

また掃除機でも問題はないのですが大量に吸引してしまうと故障してしまう恐れがあるので、注意しなくてはいけません。

広範囲に新聞紙やシートを使用するのがおすすめ

新聞紙やシートを使用する際、広範囲に使用するのがおすすめです。

その理由として、長い髪の毛だけではなく、細かい髪の毛も散乱してしまう恐れがあるからです。

広範囲に新聞紙やシートを使用しておけば、細かい髪の毛も一気に回収できるので安心です。

細かい髪の毛は、床につきやすくて回収しにくいので気をつけないといけません。

どうしても新聞紙やシートを使用することができない時は、お風呂場でバリカンを使用することでちょっとでも髪の毛を回収しやすくなります。

まとめ

万全の状態でバリカンを使用するためにも、アタッチメントのミリ数を調整したり、充電したりすることが大切になってきます。

その他にも刃に錆が付いていないかチェックしたり、刈った髪の毛が散乱しないように新聞紙やシートを準備したりすることも重要です。

また使用するときは、同じ方向でバリカンを使用するのではなく、色んな角度でバリカンを使用していけば、綺麗に調整できます。