バリカンを上手に使いこなすにはどうする?セルフカットで注意したい7つのポイント

バリカンは、散髪のための便利なアイテムです。

購入して家に置いておくと、簡単にセルフカットができます。

それなら、美容院や理髪店を利用する必要がないため、散髪代が浮くようになるのです。

ただし、使い方には注意してください。

適当な使い方をしていると、意外なデメリットに悩んでしまうこともあります。

では、失敗を防ぐための注意点について、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




焦らずに動かす

バリカンをうまく使って失敗を避けるなら、急いで動かすのは禁物です。

あまり時間がなかったりすると、スピードを上げてどんどん先に進めたくなってしまいますが、それは失敗の原因になる方法です。

無駄に焦っていると、どうしてもミスが多くなります。

本当は刈らなくてもよい部分まで刈ってしまったり、刈るべき部分を見落としたりします。

きちんと使いこなすためには、できるだけスピードを落とすようにしてください。

変に焦ったりせず、ゆっくり慎重に刈っていけば、失敗は少なくなります。

時間をうまく確保できないときは避け、余裕のあるタイミングで始めるようにしましょう。




確認しながら進める

バリカンを使うときは、ただなんとなく動かしていると、うまくいかないことが多くなります。

スピードを抑えていたとしても、適当に刈っていたのでは、失敗を防ぐことができないのです。

セルフカットを成功させるには、きちんとカットできているか、こまめに確認しながら刈ることが大切です。

確認しながら少しずつ進める方法なら、大きな失敗は起こりません。

ただし、その刈り方は、バリカンだけ準備してもできない方法です。

髪の状態をしっかりチェックするなら、鏡も忘れずに用意しておいてください。

鏡があれば、頭の後ろの方までよく見えるようになります。

それなら、手探りでカットして後悔するようなことは起こりません。

こまめにチェックしながら、確実にカットしていきましょう。

耳の裏は丁寧に

耳の裏は隠れがちな部分なので、見落としが多くなります。

すべてきれいに刈ったつもりでも、耳の部分だけ残ってしまい、あとで焦って刈り直したりすることもあります。

そのため、耳の裏は特に丁寧に刈っておきましょう。

ただし、バリカンをそのままの状態で使うのは、あまりよくない方法です。

耳の周りを刈るときは、より刈りやすくなるように、アタッチメントを外してみてください。

そのうえで、耳の周りを円を描くようにカットしていくと、変に残ったりせず、きれいに整えることができます。

もし難しく感じるようなら、細かい部分はハサミでカットする方法もおすすめです。

バリカンを上手に使うなら、他のアイテムもうまく組み合わせていきましょう。

方向を固定しない

バリカンでセルフカットをするときは、常に方向が一定だと、うまくいかないことが多くなります。

刈り残しが多くなってしまうため、仕上がりがガタガタになり、きれいに見えないのです。

特に、頭の上部を刈るときは失敗しやすいので、バリカンを使うときの方向には十分注意してください。

できるだけ残さないようにしっかり刈るためには、いろいろな方向から刈ることが大切です。

最初に刈っていた方向とは逆の方向でも刈るようにすると、残っていた部分をうまい具合にカバーすることができます。

それなら、仕上がりが汚くなることはありません。

これは、やり直しを防ぐためにも大切なことです。

方向の固定で刈り残しが増えると、あとで何度もやり直すことになるため、無駄に時間をとられてしまいます。

1回で済むように、上下左右や斜めからも刈り、なるべく残らないように作業を進めていきましょう。

浮かせて段差を回避

バリカンを上手に使うためには、ずっと押し付けたままにするのではなく、要所要所で先を浮かせることも必要になってきます。

常に押し付けて刈っていると、おかしな段差ができてしまうことも多いのです。

特に、サイドや後頭部、えり足などを刈るときは注意してください。

途中でぷっつり途切れるため、見た目が不自然になってしまいます。

それを避けるためには、上に動かしながら肌から離し、少し浮かせるようにしましょう。

徐々に押し付けを弱めていくと、途中で段差になったりはしないため、自然にカットすることができるのです。

角度も意識する

段差をつくらずにきれいにカットするなら、バリカンを立てないでください。

角度が急になりすぎると、必要以上に短く切れることがあるため、段差ができやすくなります。

先を浮かせるだけでなく、角度もなるべく浅くなるように注意していれば、きれいに整った髪型にできるのです。

鏡の確認も同時に

失敗して段差をつくらないためには、刈り方を工夫するだけでなく、先述した鏡の確認も必ず行うべきです。

押し付けや急な角度を避けていても、よく見ないでただ刈っていたのでは、失敗する可能性が高くなります。

それを防ぐなら、こまめに鏡を見て、少しずつ刈るようにしましょう。

短くしすぎない

バリカンを上手に使うなら、やりすぎを防ぐことも大切です。

最初から短く刈り込んでいると、失敗したときに直すことができなくなってしまいます。

短すぎるために、うまく修正できないのです。

男性なら思い切って坊主にすることもできますが、それはあくまでも最終手段です。

似合う人と似合わない人がいるので、どうにもできずに諦めて坊主にするような事態は、なるべく避けるようにしましょう。

そのためには、退路を断つような方法ではなく、何かあったときに落ち着いて対応できる方法を選ぶべきです。

最初は長めのアタッチメントを使い、短くなりすぎないようにカットしてください。

あとから少しずつ調整する方法なら、大きな失敗を避けることができます。

散乱する髪の対策

バリカンを使うときは、作業が終わったあとのことまで考えておくべきです。

その点をよく考えずに作業を始めてしまうと、あとで困ることになります。

刈り取った髪が周囲に散らばり、片づけに大変な労力を使うことになってしまうのです。

そのようなデメリットを防ぐことも、上手に使うためのポイントになります。

髪を無駄に散らかさないようにして、掃除の手間を省きましょう。

新聞紙などの紙を敷く

後片づけを楽にするためには、いらない紙や新聞紙を床に敷く方法がおすすめです。

そうしておけば、直接床に降り積もることはなくなります。

刈り取った毛髪を包むようにして紙を捨てれば、散らかさずに片づけることができるのです。

多少はみ出したとしても、少量であれば、それほど時間をかけずに処理することができます。

浴室で行う場合は、大量の髪で排水溝が詰まってしまうこともあるので、くれぐれもそのまま落とさないように注意してください。

カーペットに注意

浴室以外の場所でバリカンを使うときでも、紙による対策はしっかり行うようにしてください。

カーペットの上に髪が落ちたりすると、簡単に取り除くことはできません。

隙間に入り込んで絡まった場合は、掃除機で吸いこもうとしても、なかなかうまくいかず、やたらと時間がかかったりするものです。

そのような事態を回避するには、必ず床を覆うものを用意しておきましょう。

部屋が汚れない状態になっていれば、余計なことを気にせず、どんどん作業を進めることができます。

まとめ

バリカンでセルフカットをするなら、できるだけ上手に使い、余計なデメリットを抑えておくべきです。

使っていて困ることが多いようだと、せっかくの便利なアイテムも、手をつけずに放置してしまうことがあります。

買ったものをしっかり使うためには、ここで紹介した注意点を忘れずにチェックしておきましょう。

失敗を防ぐための注意点を押さえておけば、快適に使えるようになります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://nomad-saving.com/9440/
https://www.finemakeyuri.com/selfcu…
https://mens-modern.jp/1186
https://uranaru.jp/topic/1025544